CFブログ

Blog

Webスクール, Webデザイナー転職, Webデザイン学習

Webデザインスクールは本当に無駄なのか?その理由と対策を徹底解説

Webデザインスクールは多くの人にとってスキルを磨く一つの方法ですが、「無駄」や「意味がない」といった意見も聞かれます。
本記事では、その理由や対策について詳しく解説します。これからスクールに通おうと考えている人必見の内容です。

なぜWebデザインスクールは無駄と言われるのか?

独学で学べるから

多くの方は、Webデザインのスキルは独学でも十分に習得できると考えています。
そのため、高額な費用を払ってスクールに通うことに疑問を抱く人が多いです。
特に業界のベテラン達は独学で成り上がった人たちなので、スクール自体を否定する人が多いです。

インターネット上には、無料で学べる情報や教材が数多く存在し、独学でスキルを磨くことは決して不可能ではありません。実際、独学で成功したWebデザイナーも少なくありません。しかし、独学にはいくつかの課題も存在します。

費用が高額だから

Webデザインスクールの受講料は決して安くありません。
短期間のコースでも数十万円、長期のコースになると数百万円を超える場合もあります。高額な費用を支払うことに対して、不安や後悔を感じる人もいるでしょう。

特に、収入が安定していない学生やフリーターにとっては、大きな負担になる可能性があります。しかし、スクールに通うことで得られるメリットも考慮する必要があります。

卒業後すぐに活躍できるわけではないから

スクールを卒業しただけでは、実務経験が不足しているため、すぐに現場で活躍できるとは限りません
就職活動では、ポートフォリオや実務経験が重視されることが多く、スクールで学んだ知識やスキルだけでは、なかなか就職に結びつかないケースも考えられます。

そのため、スクールに通うだけでは不十分で、卒業後も積極的にポートフォリオ作成や実績作りなどに取り組む必要があるでしょう。
ここが結構大変な過程になります。。

Webデザインスクールを無駄にしないためのポイント

学ぶ目的を明確にする

まず何を学びたいのか、どのようなスキルを身につけたいのかをはっきりさせましょう
Webデザインには、コーディング、デザイン、UI/UXデザインなど、様々な分野があります。自分の興味や将来の目標に合わせて、具体的な目的を定めることで、学習内容を絞り込み、効率的に学習を進めることができます。

例えば、企業のWebサイト制作に興味があるなら、HTML/CSS、JavaScriptなどのコーディングスキルを重点的に学ぶ必要があります。
一方、広告バナーのデザインに興味があるなら、PhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトの使い方を習得する必要があります。

実績・ポートフォリオを充実させる

スクールで習ったことを活かして、自分だけのポートフォリオを作成しましょう。ポートフォリオは、自分のスキルや経験をアピールする重要なツールです。

就職活動や転職活動だけでなく、フリーランスとして活動する場合にも必要となります。
ポートフォリオには、実際に制作したWebサイトやデザイン作品を掲載しましょう。作品だけでなく、制作過程やコンセプトなども説明することで、より魅力的なポートフォリオになります。

聞ける環境なら質問をしまくる

スクールのいいところは、質問できることです。
多くのスクールでは質問環境があるため、分からないことを質問してスムーズに学習することを想定してカリキュラムを組んでいます。

そのため気をつかって質問しない。もしくは恥ずかしくて質問できない。これは勿体無いです!

継続的に学習する

Webデザインの世界は常に進化しています。新しい技術やツールが次々と登場し、常に最新の情報をキャッチアップする必要があります。スクールを卒業した後も、自主的に学び続ける姿勢が重要です。
書籍やオンライン学習サイト、ブログなどを活用して、常にスキルアップを目指しましょう。

また、スクール内のコミュニティに参加することで、先輩や講師から情報を得たり交流したりすることもできます。

何かしらコミュニティに参加する

同じ志を持つ人々と交流することで、新しい情報やスキルを得ることができます。
スクールに通った後もコミュニティに参加しましょう。コミュニティでは、デザインに関する情報交換や意見交換、作品批評などを行うことができます。
また、仲間と切磋琢磨することで、モチベーションを維持し、スキルアップを加速させることも可能です。

Webデザインスクールに向いている人

独学が苦手な人

独学で何度も挫折した人は、体系的に学べるスクールが向いています
スクールでは、基礎から応用まで、体系的に学ぶことができます。また、講師のサポートを受けながら学習できるため、独学よりも挫折しにくく、継続しやすい環境が整っています。

スキルを短期間で習得したい人

仕事や家事で忙しい人にとって、短期間で効率よく学べるカリキュラムはとても魅力的です。
スクールでは、短期間で必要なスキルを習得できるよう、集中的なカリキュラムが用意されていることが多いです。また、オンライン学習であれば、自分のペースで学習を進めることができるため、忙しい人でも無理なく受講できます。

モチベーションが維持できない人

仲間と一緒に学ぶことでモチベーションが維持できます。スクールでは、同じ目標を持つ仲間と出会うことができます。仲間と切磋琢磨することで、モチベーションを維持し、学習意欲を高めることができます。

また、スクールによっては、コミュニティイベントや交流会が開催される場合もあります。

おすすめのWebデザインスクール

インターネット・アカデミー

業界最先端の技術を学べるスクールとして評価が高いです。Webデザインだけでなく、プログラミングやマーケティングなど、幅広い分野を学ぶことができます。オンライン学習も充実しており、自分のペースで学習を進めたい人にもおすすめです。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

実務経験を重視し、転職支援も行っているので、初心者にもおすすめです。LIGというWeb制作会社が運営しているため、実践的なスキルを学ぶことができます。また、就職活動や転職活動のサポートも充実しており、卒業後の進路に不安がある人にもおすすめです。

クリエイターズファクトリー

卒業がなく実践的に学べるのに費用がお得なWebスクールです。
転職や副業・フリーランスのサポートもしているため、いつでも現役の講師やメンターに質問する環境があります。
オンラインでも対面でも授業形式で学べるのが特徴です。

失敗しないWebデザインスクールの選び方

無料カウンセリングを受ける

受講を決める前に、スクールの無料カウンセリングを受けて、自分に合うか確かめましょう。
カウンセリングでは、自分のスキルレベルや目標、学習スタイルなどを伝えることができます。また、スクールのカリキュラムや講師陣、卒業後のサポート体制について詳しく説明を受けることができます。

カリキュラムの内容を確認する

学びたい内容がカリキュラムに含まれているかをしっかりチェックしてから申し込みましょう。
スクールのホームページやパンフレットに、カリキュラムの詳細が記載されています。また、実際に受講した人の口コミなども参考にすると良いでしょう。

講師の経歴を調べる

講師の経歴や実績を確認することで、信頼できるスクールかどうか判断できます。
スクールのホームページやパンフレットに、講師のプロフィールが掲載されています。また、講師のブログやポートフォリオなども参考にすると良いでしょう。

教材期限や質の確認

意外と落とし穴なのが期間による追加料金です。正直すぐにはできるようにならないので、6ヶ月でも足りないくらいです。
そのため追加料金があるスクールの場合だと、少しお財布に優しくないかもしれません。

あとは、教材自体が古かったり編集がされておらず、聞き取りにくい分かりにくい事が結構あります。
事前に確認させてもらえるかを聞いた方が良いかもしれません。

公式サイトがなかったり、SNS上にしか存在しない

最近では個人スクールが増えてきました。中にはしっかりしている場合もありますが、SNSにしか情報がなかったり口コミが少なかったり、LINEに誘導されたりと一次情報が少ない場合は注意してください。
後で後悔しないためにも、検索して出てくるのか?口コミはあるのか?
これらをチェックするようにしておきましょう!

まとめ

Webデザインスクールは無駄ではありません。ただし、自分の目的や目標を明確にし、適切なスクールを選ぶことが重要です。この記事を参考に、自分に合った学習方法を見つけてください。

Webデザインは、クリエイティブな仕事であり、常に新しい技術や知識を学ぶ必要があります。
スクールに通うことで、体系的に学ぶことができ、モチベーションを維持することができます。また、仲間と交流することで、スキルアップを加速させることも可能です。

【8月】44期Webクリエイティブコース募集中!

 

クリエイターズファクトリーでは毎週、説明会・相談会を開催しております。
オンラインでも参加が可能となります。
受講生の9割が全くの未経験からWeb業界へ進んでいますので、不安を感じている方でも安心して受講いただけます。
詳しく聞きたい方は、説明会にご参加下さい。

ご質問にはなるべく早く回答します

誰でもお気軽にご相談ください。