CFブログ

Blog

Webデザイナー転職

Webデザイナー転職で後悔しない8つの知っておくこと

Webデザイナー 転職で検索すると「やめとけ 後悔 頭が悪い」など、マイナスな検索ワードがヒットして不安になる方も多いと思います。

Webデザイナーへの転職を考えていても、自分の選択に後悔をしないとは誰も言い切れませんよね
ですが公開しないためにいまできること、知っておいた方がいいことがわかれば、不安を払拭できます。

今回はWebデザイナーの転職について、後悔しないために知っておきたいことをお伝えします。

この記事で分かること

①Webデザイナーへの転職で後悔を感じやすい4つのタイミングと対処法
②Webデザイナーは辞めとくべき?よくあるネットの5つの誤解を解説
③当てはまったら改めたい、転職で後悔をしてしまう考え方

Webデザイナーの転職で後悔する4つのタイミング

Webデザイナーになると決めた後、不安になりやすいタイミングにはパターンがあります。

多くの先輩達も同じように不安を乗り越え、自分で考えて進む道を決める、判断と選択を迫られる場面と重なるからです。
自分がどのタイミングにいるかチェックしてみましょう。

不安になると、ついマイナスのワードで検索したくなるんですよね…。

『後悔の原因になる不安→取り除く方法や解決策』をお伝えします。
ぜひ参考にしてくださいね!

転職前1:未経験の業界への不安、勉強のストレスに後悔

Webデザイナーへの転職で最初に壁となるのは、勉強が必要な知識の量と幅広さです。

今の仕事や状態に不満があるから転職を選んだ人も、学習で躓くと「Webデザイナーを選んでよかったのか」と不安から後悔をする方もいるかもしれません。

Webデザイナーに必要な知識スキル
・HTML/CSS(+JavaScript,JSなど)
・デザインの基礎知識(+Photoshop,Illustrator、Xdなど)
・Web知識(サーバー、WordPress、アクセス解析など)

プラスで必要になる多い知識
・Webサイトの運用
・マーケティング/市場を分析する力
・ライティング,DTPのデザイン知識など

●短時間で学ぼうとするとさらに悪循環

これらの知識を短期間で学ぼうとすると、勉強時間の確保や仕事との兼ね合いがストレスとなりやすく、体調を崩したり勉強が進まない不安から後悔をしやすい時機になります。

スクールで多くの未経験から転職を目指して学習される方々の傾向から、一通りの知識を学んで経験を積むには、最低でも6ヶ月程度の期間が必要です。

不安を解消するには

知らないこと、経験のないことがうまく進まないのは当たり前。
基礎の知識と制作経験の積み重ねで自信の土台を作りましょう!

・勉強や知識の定着に焦らない。2〜3か月はみる
・勉強中から仕事を想定してWebサイト制作の練習をする
・本当に相談したいときは、Web業界に詳しい人にする
なによりスキルアップのために手を動かすこと

Web業界の転職を目指して最初の壁とも言えるのは勉強、スキル習得の部分。
複数のスキルが総合的に必要なことを知らないまま、スクールや職業訓練校で学ぶ方もいるでしょう。

クリエイターズ・ファクトリーでは、こうした転職の漠然とした不安や、業界のことを知っている人に相談したい問い合わせも歓迎しています。もし一人で迷っているなら、ぜひ相談に来てくださいね。

独学で頑張る予定の方にも、独学での学び方のポイントや注意点を記事にしています。ぜひ参考にしてくださいね。

関連記事1:独学で勉強する方法

転職1:転職活動がうまく行かない、面接にたどり着けない

Web業界はまだまだ売り手市場。未経験で転職を目指すライバルが多い状態です。未経験の場合は、未経験OKの会社を選んで応募することになるため、なかなか面接にたどり着けず就職が難航することもあります。

未経験でも実績経験を増やして、ポートフォリオを充実させることが大切。自分の成長のために、一歩先に就職に成功した先輩の対策を参考にしましょう。

Web業界は自分の体験をアウトプットする文化がとても盛んです。

体験談や対策を調べていくと、『未経験から就職活動に成功しやすい解決策や、ある程度準備するべきものが決まっている』ことがわかるはずです。

不安はこう解消する!

就職活動は体力も精神力も使うので本当に大変ですよね。
「未経験だから就職できない」と後悔するよりも、コツコツと作品を増やして採用担当の心を掴みましょう!

・ポートフォリオは必須!掲載する制作物を増やす
・未経験を脱した先輩の対策や制作物を参考に真似から始める
・制作物をスクールの先生などに添削してもらう
転職の成功パターンを参考に動く

面接への機会がなかなか得られない時、よくある原因はこの4つです。
主に準備不足や自分のアピールポイントがわからず不安なままエントリーしてしまうことも、チャンスを逃す要因になります。

・ポートフォリオが充実していない
・志望動機が会社とマッチしていない
・そもそも応募したい会社が少ない
・未経験なのに働く際の希望条件が厳しい

ポートフォリオ制作をしていく中で、自分の得意なことや苦手な作業、得意なデザインのテイストなどが自然とわかっていきます。

また転職エージェントや就業支援をしているスクールへの相談も、不安の解消に繋がります。ポートフォリオを添削してもらうのも効果的ですね。

誰かに見てもらうことで、自分では気が付かなかった良い点・改善点も見つけられます。

当スクールを卒業した方の就職活動の記録から、どれくらいの会社に応募をしたか、どの転職サイト・エージェントを使ったかの情報を記事にまとめています。実際に転職に成功した生徒の皆さんのデータや経験談なので、きっと参考になるはずです。

関連記事:オススメの転職サイト・エージェント

関連記事:失敗しないWebスクールの選び方

転職2:実績が作れない、周りのライバルを見て自信をなくす

次は転職活動の肝となるポートフォリオ作り。

実績を作ろうと言われても、就活や勉強をしながら作品制作をするのは大変なことですよね。

どのような制作を行えば実績とカウントできるのか、一人では判断ができずに悩む時間も多いはずです。

ですがWebデザイナーの転職を目指すには、ポートフォリオに架空でも良いので、Webサイト制作の実績は必須です。

スキルの定着や、制作物を増やす点でも必要。自分で制作スケジュールを立てて取り組むことは、就業後に仕事をスムーズに進めるための準備でもあります。

不安はこう解消する!

・時間をかける制作物と短時間でできる制作物を分けて考える
・Webサイト例は架空のものでも良い。ただしコンセプトは考える
・日々の勉強の記録や取り組みをアピールポイントに転換してみる
・ただ作るだけではなく、なぜ・なんでこうなったのか?を言語化して載せる

制作を通して、スキルの向上やかかる時間を把握する。これまでの活動がアピールポイントにできるかを意識してみてください。

詳しいポートフォリオの作り方は、こちらの記事にまとめています。

関連記事:ポートフォリオの作り方記事

バリエーションや量、継続でつくれる実績例
・1枚もののバナー制作や練習で作った制作物をまとめる
・Webサイトやアプリデザイン、バナーの分析・模写記録など
・1日1バナーや、○日でスキル習得などスキルアップ企画のまとめ

時間をかけて作る実績例
・架空のクライアントを想定したWebサイト作り
・スクールの仲間や同僚とのグループ制作の作品
・友人や知り合いから依頼された制作物

とくに近年は「1日1〇〇する」などのSNSを連動させた、自分でスキルアップ企画を立てて実行するケースが注目されています。

発信がセットになると同業者の知り合いを増やしやすい、行動が続く、応援してもらえるメリットもあります。

やったことをブログにまとめる、考えた過程を記録しておくことも就職活動の準備に効果的です。

企画物は向き不向きがありますが、大切なのは自分のアピールポイントをポートフォリオ制作を通して見つけ、形にすることです。制作物が増えれば自信も出てきます。どのような実績を作るか、ぜひ考えて見てくださいね。

転職後1:慣れない仕事や現場が辛い、思っていた環境と違った

就職に成功した後は会社での実務が待っています。

慣れない仕事や新しい環境に馴染めず、転職で後悔をすることもあるかと思います。

また思い描いていた働き方との違いにギャップを感じる人もいるでしょう。
ですがそうした変化に「辛い、しんどい」という感情を持つことは自然なことです。

ようやく掴んだ就業先でも、自分に合わない職場や会社は、どの業界にもあります。「辛いと感じる理由」がどこにあるのか分析することが大切です。

不安はこう解消する!

・不安や辛いと感じる原因を明確にして次の手を考える
・最初の会社が正解とは限らない、辞められないと思い込まない

●後悔ポイント1:スクールや独学では学べない問題が出てきた場合

Webデザインに限らずお客さまがいる仕事では、やったことがない業務やトラブルが日々起きるもの。

それらをどう乗り越えるかは、個人の努力で解決できるものから、先輩や同僚などと協力して解決するものまでさまざまです。

就業して最初の壁は、納期があり金銭が発生する制作への責任感や業務に慣れることです。

・時間や慣れで解決できることか
・経験やスキルの問題
・人間関係や業務フローの問題

●後悔ポイント2:業務外にストレスがある場合

一方で未経験歓迎の会社の中には、事務のような立ち位置でWebデザイナーを採用するところもあります。

Webデザインの仕事はやりつつも、事務やお茶組みなどを兼任する場合も珍しくありません。

しかし事前に聞いていた就業内容と異なる、業務以外の部分でストレスとなる要因が多い場合は、転職を考えた方が良い場合もあります。他の会社の様子や、情報を集めることも大切です。

Web業界に限らずすべての会社が、良い環境とは残念ながら言い切れません。人間関係や自分の性格と合わないこともあるでしょう。自分が悪いと責めずに、落ち着いて次の一手を考えましょう。

転職を不安にさせる4要素の誤解を解説

Webデザイナーは人気の職種。
リモートワークや副業の需要からも、Webデザインを学んで仕事にしたいと考える方は多いです。

しかしWeb業界のことを「よくわからない」「パソコンに向かって座っているだけの職種」など、仕事内容がイメージできていない人による悪い風評は昔からあります。

そうしたマイナスなワードがネットの検索で、とくに多くみられます。
マイナスなサジェストの中で目立つ4つのワードから、対策や解消法をお伝えします。

ブラックで残業が多く、給料が安いかは会社による

未経験を歓迎する制作会社は「残業が多く給料も安い」と言われますが、会社によりけりです。
Webデザイナーとして働く人全員が、低賃金ではありません。

しかし、残念ながら一部の会社では業務量が非常に多く、スタッフの入れ替えも激しいブラックな現場も存在します。

ブラックと言われるWebデザイン現場例
・1つの制作に時間をかけられない、スピードが重視される現場
・営業のパワーバランスが強く、会社で受ける案件自体が多い
・勤怠管理が厳しく、休憩時間や休日自体が少ない現場

入ってからじゃないとわからないことも多いです。
ブラックかも…と感じたときこそ、視野を狭めずに冷静になる。難しいですが大切なことです。

またWebサイト制作にも「繁忙期」の時期があります。

案件やサイト制作の依頼が集中しやすいタイミングでは、制作会社などは通常の業務よりも忙しくなり、朝から晩までなんらかの制作や準備をしなくてはいけない場合もあります。

不安はこう解消する!

・給与アップの交渉や昇給ができる場合は、条件を狙ってみる
・働き方が合わない場合は、期間を決めて経験を積み転職する
・Webディレクターや営業などの、上流の工程にも視野を広げてみる

一見大変な現場でも、多くの制作案件に関われたり就業できたからこそ得られる経験もあるはず。また面接のタイミングでも働く環境や体制についても聞ける範囲で質問してみましょう!

就業できた機会を活かすために期間を決めて頑張ってみる、就業中に自分の作品や実績を増やしてポートフォリオを充実させるなど、次の一手を考えておくことも有効な方法です。同僚や先輩など新しいつながりを得られる可能性もあります。

最初に選んだ会社が、自分にとって相性が良い場所とは限りません。
頑張れるうちはいいですが、体を壊して働けない状態にならないように注意しておきましょう。

離職率が高い=就職先がないとは違う

デザイナーは離職する人が多い、という口コミに不安を感じる人も多いかと思います。
現実にブラックな環境や、給料の安さからWeb業界を断念する場合もあるでしょう。

Webデザイナーの離職率が高い理由には、未経験を含めてWeb業界を目指す人が数年前から増加している点もあります。本気で転職を目指す人もいれば、一時的なキャリアアップや副業のために就業して辞めていく人も大勢いるからです。

他にも離職につながる要因としては以下の内容もあげられます。

・資料作成やリサーチなど、就業時間以外の業務が多くなりがち
・技術やスキル習得のための学習時間が取れない、苦痛になる
・在宅でも働きやすい反面、プライベートと仕事の時間が曖昧になる

本当に向いていないと感じて辞めてしまう方ももちろんいます。
しかし多くの場合は、再就職や転職、Web業界以外の会社で知識を活かして就職に成功する方もいますよ。

不安はこう解消する!

・Web業界はまだ売り手市場、転職先の選択肢は多い
・制作会社やデザイン事務所以外にも就職先はたくさんある
・フリーランスや在宅で業務委託など働き方を選ぶ人もいる

Webデザイナーの離職する理由を考えると、決してもう関わらないという選択ではなく、より自分に合った環境や働き方を選ぶ方向に動く方も多いです。

Webデザイナーとして違う会社に就職するのも一つですが、経験を積んでフリーランスになったり、インハウスのWebデザイナーとしてWeb業界以外の分野で働く人も多くいます。

またWeb業界全体の知識を深める中で得たデザイン以外のスキルが、転職や別業界で活かせる可能性は十分あります。

・会社に縛られずフリーランスとして独立する
・インハウスで別業界のWebデザイナーとして就職する
・Webの知識を生かして事務やサポートとして就職する
・ライターやDTPデザイナーなど他のスキルを生かして就職する

時間とお金をかけて学んだWebデザインのスキルは、いろいろな業界で活かせるスキルです。

離職率だけを見て不安になる前に、ぜひ自分のキャリアアップも含めてスキルや働き方を見つめてみてください。

キャリアアップが狙いにくいといわれる

「WebデザイナーからのキャリアアップはWebディレクターしかない」この意見をあげるブログ記事が非常に多いですね。
これは上方向にしか、キャリアやスキルを考えていないため、とても狭い考え方。

実際はWebライター、グラフィクデザイナー、フロントエンドエンジニアなど、業務の進める中で習得していくスキルからキャリアを広げる選択肢があります。Webサイトの運用や分析が得意な方はマーケッターや広告運用、営業やディレクター職が制作よりも向いていることに気づく方もいます。

業界的にスキルの掛け合わせが一般的なので、複数のスキルを活かすことで更にいい環境で働くことが可能です。

Webデザイナーの仕事はWebサイトを作るだけではありません。お客さんの問題解決をする中で、いろいろなスキルや分野を勉強することが、自然とキャリアが広がる下地を作っていると言えますね。

不安はこう解消する!

・キャリアアップは上だけではなく、横方向でも考えられる
・日々の業務をこなす中でも自然とキャリアやスキルアップにつながる
・独立して自分の制作サービスや得意なことを仕事にする人も多い

Webディレクターしか選択肢がないと思うのはもったいないです。
キャリアアップは簡単ではありませんが、自分が仕事を生み出す立場を作りやすいのは他の業種ではなかなかありません。

Webデザイナーからどんなキャリアアップを広げられるかは、その人の頑張り次第や進む道によっても変わってきます。

自分が将来なりたい姿に似ている業界の先輩を探してみるのも効果的です。年齢や性別、環境なども参考にできますね。

必ずしも全員がWebディレクターになっていることはないはずです。

頭が悪い底辺の仕事と言われたくない

Webデザインはただ作業をすればいいわけではなく、覚えることや考えることも多いサービス業のお仕事です。

どのような仕事も、底辺がやること・頭が悪いと言うのはいい言葉ではないですよね。

職業訓練校で学べることもあり、簡単と思われている可能性もありますが、ネットやWebが重要視される時代に、Web業界への知識を深めるのは悪い選択ではないですよね。

誰でも学ぶのは自由です。そこから就職できるかは、通ったスクールや勉強のやり方に左右されます。本気で就職したくて職業訓練を終えてから、学び直しをする方も当スクールには来られますよ。

不安はこう解消する!

・Webデザインはサービス業。どんな仕事も社会に必要だから存在する
・職業訓練で学べるからといって、誰でも簡単になれるわけではない
・本気で学ぶなら悪口は気にしない

Webデザイナーとして長く続けている人たちは、クライアントや会社、自分のライフプラン実現のために頑張って働いています。もちろんお金のために働くのも大切な理由です。

ただ業務が忙しく繰り返しの作業が増えることに不安を感じる場合は、上記のキャリアアップや働き方を変えてみたいなど、理想の姿を考えてみてはいかがでしょうか。

後悔するから転職はやめたほうがいい3つのパターン

最後に『Webデザイナーを目指すと後悔をする可能性が高い』パターンをまとめます。

ここまではWebデザイナーの転職を前向きに考えるための不安を解消してきました。

ですが性格や仕事への考え方が合わないなら、最初は頑張れてもあとで必ず疲弊してしまうタイミングがきてしまいます。
未経験から学ぶなら、パソコンやデザインツール、スクール代など初期費用も安くはありません。

Webデザイナーはきらびやかで稼げる!というイメージを持って相談に来る方はまだまだ多いです。前向きに頑張ってほしい反面、仕事として必要な考え方や重要なことは事前に知っておきましょう。

一日座って楽にできて高月給な仕事と思っている

「未経験でも月30万円以上稼げました!」「誰でも1か月でWebデザイナーになれる!」

このような甘い言葉を信じてWeb業界を目指している場合は、間違いなく後悔をするでしょう。

また今の仕事よりも、給料が確実にあがる保証は誰にもできません。

Webデザインはパソコンとソフトがあればなんとかなると思われがちですが、学ぶ必要がある知識はとても多く広いです。どのような仕事にも業界なりの大変さがあります。

またWebデザインの勉強をしているのにその思い込みを持っている場合、誤解を与えている講師やスクールにも少し問題があるかもしれません。

新しい技術やトレンドの変化を追えない

Webデザインに限らず、Web業界は技術やスキルの進化が目覚ましい業界です。

新しい技術の開発や、ソフトの仕様・ツール変更のアップデートが日々行われます。

長く働き続けるためには、新しい情報にも柔軟に対応する姿勢が求められるでしょう。

また一度制作が終わったWebサイトでも、仕様変更で修正が必要になったり、WordPressのように管理が必要なツールも存在します。

「一度学べばもう勉強しなくていい」という考えでは、環境の変化や技術の進歩についていけずに、仕事を続けることが難しくなるでしょう。

お客さまの問題解決やサービス業に対する意識がない

Webデザインはモクモクと制作に打ち込むイメージを持つ方も多いかもしれません。

ですが実際は、クライアントの要望に応えて悩みや課題を解決するサービス業です。

お客さまの悩みや課題を解決する手段として、Webサイトの制作やデザイン・コーディングなどのさまざまなスキルがあります。

「言われた作業だけをすればいい」という気持ちでは、キャリアアップを望むことは難しく、給与アップや案件獲得も難しくなります。

分業制で自分の担当以外はやらない場合でも、業務全体の工程への理解やディレクターとのコミュニケーションが取れないと、業務がスムーズに進まない会社もあるはずです。

Webデザイナーになりたい理由をしっかり考えることが大切

今回はWebデザイナーの転職で後悔をしないために、不安を解消する方法や転職に成功した先輩の経験談から、どのように行動するといいかを紹介しました。

Web業界への転職は現実として厳しい面もあり、ネット上では好き放題言われやすいです。

不悩みが解消できないときはぜひ信頼できるWebスクールの講師や業界に詳しい方へ相談してみましょう。

誰かに話しを聞いてもらったり、詳しいアドバイスを貰うほうが行動が進み、自信も作りやすくなります。当スクールでも無料相談を受け付けています。ぜひ一歩踏み出してみてくださいね。

この記事のまとめ
・転職を後悔しやすいタイミングはパターンが有る。個別に解決をする
・転職を不安にさせる4つの誤解は業界を知れば、不安を減らせる。噂に惑わされない
・なぜWebデザイナーに転職したいのか、理由や将来を考えることが大切

いきなり相談は勇気が出ないと感じたら、スクールの卒業生や経験談を元に勉強の参考になる記事を公開しています。先輩インタビューも掲載しているので、自分の状況に近い人を探して参考にしてくださいね。

【2月スタート】クラス授業コース35期生募集中!

 

クリエイターズファクトリーでは毎週、説明会・相談会を開催しております。
オンラインでも参加が可能となります。
受講生の9割が全くの未経験からWeb業界へ進んでいますので、不安を感じている方でも安心して受講いただけます。
詳しく聞きたい方は、説明会にご参加下さい。

まずは相談会にご参加ください

説明会では、詳細に受講内容を説明させていただきます。
お悩みの事や質問などは、お気軽にお聞きください。

活動レポート・ブログ

日々の活動やスクールの情報をまとめています