失敗しないWebスクールの5つの選び方と注意点 | Webデザイナー・副業フリーランスを目指す【大阪Webデザインスクール】|Creators Factory

Blog
CFブログ

Webデザイン, Webデザイン独学, Web転職

失敗しないWebスクールの5つの選び方と注意点

タニマチくん

Webスクールって調べるとたくさんあるし、最近はオンラインで学べる講座もあって、独学でも学んでる人もたくさんいる。自分はどの方法でWebを学ぶのが失敗しないんだろう?

トリペン先生

Webを学ぶといっても、いろんな手段があって『Webスクール』もその一つだね。Webスクールに通おうか迷っていて、スクール選びを失敗しないために知っておきたいことを伝えるよ。

この記事では、実際にWebスクールを運営し、350人以上の生徒からWebスクール入学の相談に乗った経験から、
失敗しないWebスクールの選び方と注意点を、5つのポイントにして紹介します。

まだWeb業界についてよく知らない方もわかるように解説していくので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

  • Webスクールが向いているのはこんな人
  • Webスクールを選びかた、5つのポイント
  • 受講前に確認するべき3つのポイント
  • カリキュラムで本当に確認するべきところ
  • やめておいたほうがいいスクールの特徴

⇒ YouTube動画で見たい人はこちら

『Webスクール』が向いているのは独学が苦手な人

タニマチくん

Webスクールに向いている人は、どんな人でしょうか?

トリペン先生

『独学ができない人』は、スクールを選んだほうが失敗しないよ!
最近はWebスクールと言っても、いろんなタイプがある。特に副業ブームやコロナの影響もあって、時間や場所を選ばないオンラインの学校も増えてきているよ

Webスクールのタイプ例

  • マンツーマンの個人学習タイプ
  • オンラインタイプ
  • 教室で複数人で受ける授業タイプ
  • 教室に行くけどオンデマンドで学ぶタイプ

タニマチくん

改めて見ると、いろんなタイプがありますね。
最初は独学でやってみてから、スクールで学ぶという人も多いですよね。

Webスクールを選ぶメリットは、
『短い期間でそれなりに時間管理されて、知識を詰め込んでもらえる環境』を得られること
一般的な学習塾などと共通する部分になります。

あとは「いつまでにこれだけのことを学びたい」と、目標設定ややりたいことがある人も、スクールがオススメです。
もしも一人で学習することができる人なら、どんなスクールを選んでも大丈夫!
あとは予算や期間を考えてください。

まとめ:Webスクールに向いている人

・ある期間までに学びたいことがある、目標設定がある人
・独学だと挫折してしまうかもと不安を感じる人

Webスクールを選ぶポイントは?

タニマチくん

Webスクールを選ぶときのポイントはありますか?ここが一番、悩む人が多いのではないかと思います。

トリペン先生

もちろんあるよ!全部で5種類あって、大きな分類としては、
受講スタイルの違い(2種類)、授業形態(3種類)で自分にあったものを選ぶといいよ。

Webスクールの5つの違い


⇒受講スタイルの違い

  • リアル(通学)タイプ
  • オンライン受講タイプ

⇒授業形態の違い

  • 複数人で学ぶ授業タイプ
  • マンツーマンタイプ
  • オンマンドの動画教材で学ぶタイプ

基本はこの5つから、選ぶことになります。
『期間(受講期間)はどれくらいか』『どういう知識を学べるか』は、どのスクールを選んでも大きな違いが無いことが多いですね。

多くのWebスクールで共通して学べること

・Webデザインツールの使い方(Photoshop、Illustrator、AdobeXD etc…)
・Web制作の知識(HTML/CSS/JavaScript etc…)
※「WordPress(ワードプレス)」というブログツールに関しては、オプションになっていることが多い

トリペン先生

次に見るべきは『サポートや環境はどういうものが揃っているか』だね。
いろいろな環境の人がいるから、絶対にこのタイプのスクールが正しいとは言えないけれど、相談が多い失敗談と合わせて、スクール選びのチェックポイントを伝えるよ。

Webスクール選びでよく聞く失敗談

トリペン先生

実際にスクールを受講した方の失敗談として多いのは、
授業形式になると時間帯が合わず参加できないので、オンデマンド形式や動画学習・教材を購入するスクールを選んだ。メールやチャットで質問はできるけど、うまく続かなかった……という話だね。

タニマチくん

進○ゼミと一緒……。最初は楽しいけれど、忙しくなると続けられない人がたくさんいるんですね。

このタイプが悪いのではなく、自分の状況に合っていてもうまく活用できないという場合もあります。
なので5つの違いと合わせて、この2つをチェックすることが大切です!

まとめ:スクール選びのチェックポイント

  • 受講スタイルと授業形態の違い
  • 受講期間はどれくらいか
  • サポートや環境はどのようなものか
  • 質問がしやすい状況か
  • どんな実績がつくれて、その後のプランにつなげられるか

スクールを選ぶときは、受講スタイルと授業形態だけじゃなく、
『全体の流れが見えているか』をチェックするのが大切
ほとんどのスクールは説明会を開催しているので、気になることは事前に聞いておくと安心だね。遠慮せずに、どんどん活用しましょう!

Webスクールを受講するときに、注意することは?

タニマチくん

Webスクールを受講する前に、注意しておかないといけないことはありますか?

トリペン先生

最初に気をつけたほうがいいのは、通学とオンラインのどちらを選ぶかだけど……、
個人的には通学できるなら、リアルの方がいいかな。
でも地域に通学できるスクールがない、コロナの影響で立場的に難しい面もあるから、オンラインの学校も駄目なわけじゃないよ。

オンラインの講座を検討する際は、個々の学習環境(パソコンのスペックやネット環境、オンライン用のモニターの有無など)には、注意して準備しよう!
後はリアルもオンラインも共通の注意点として、
Adobeソフトのように『継続的にかかる料金』などの、スクール学習において『追加費用がどこにかかるのか』を確認しておこう!

タニマチくん

スクールの追加費用とは、どんなものですか?

トリペン先生

良い質問!例えば、教材が受講期間中しか使えないとか、どこに制限がかかるのかは事前に知っておく必要があるよ。

タニマチくん

確かに、こんな金額聞いてない!となったら、大変ですもんね。

なぜ追加費用や期限を確認するのか?

スクールの中には、受講期間が終わったら教材の公開やサポートがすっぱりと、終わってしまうところもあります。

期限があるから頑張れる方もいるかも知れません。ですが、人によっては物足りなさを感じたり、忙しくて期間中にうまくコミットできず、結局別のスクールで学び直しをした、という失敗談が多いからです。

まとめ:スクールを受講する前に注意するポイント

  • 期限(受講やサポートの範囲)はどれくらいか
  • 最初にかかる金額はいくらか
  • 継続費用はどれくらいか

受講する前に、自分の予算と期間を考えて上記の3ポイントを確認しよう!
時間もお金も大切なものだから、事前にチェックしておくのが大切!

金額が高いから良い、期間が長い・短いから良いではなく、スクールは自分に合わせて選択してください。

スクールが『何を第一にしているか』も確認しておこう

タニマチくん

説明会や料金表を見ながら、自分にあったスクールを選ぶんですね。
情報収集って大事ですね。

トリペン先生

そうだね。他にはWebだけじゃなくて、キャリアアップや就職をサポートをメインにしたスクールもあるよ。幅広く学べる一方で、選択肢が多くて気が散ってしまったりすることもあるから、一概にどのスクールが一番いいとは言えないね。あとは、学校の雰囲気も重要だよ。

目的に合わせたスクール例

  • 就職やキャリアをサポートするキャリアアップスクール
  • 『稼ぐ』ことに特化したスクール
  • フリーランス向けのスクール

etc…

最終的に『何を第一にしたいか』で決めるのが一番です!
スキルを身につければ仕事に繋げることはできるはずです。
当スクールでは、仕事のベースを作ってから収入を得る、という流れを大事にしているので、『仕事としてちゃんと価値を提供できるか』に重点をおいているよ。

タニマチくん

そのスクールが『何を第一にしているか』も、見るべきポイントということですね。

Webスクールには、どんなカリキュラムがあればいいのか?

タニマチくん

いろんなタイプのスクールがあると伺いましたが、どんなカリキュラムがあるスクールを選べばいいと思いますか?

トリペン先生

対面やライブ系の授業があるところがいいね!
オンラインなら、ライブ授業やサポート系のカリキュラム。グループや複数人と関われて、一人じゃないことが大事かな。

なぜグループや複数人と関わるカリキュラムが大切か

たとえオンライン授業でも、一人で学べる人はスクールでなくても知識は身につけられる。
動画教材を買って学ぶタイプとあまり差がなくなってしまいます。

他の人とコミュニケーションをとったり、実際に近い案件を体験できるかがポイント
例えば『グループ制作』や、課題でも実案件をベースにした実践的なものがあり、それのチェックバックがあるかどうか。仕事に繋げられる導線があることが大切ですね。
後は生徒と先生のマンツーマンで終わらないで、共有できる場所があることも重要と感じます。

タニマチくん

どうしてマンツーマンで終わるとよくないのでしょうか?

相談が多いケースでは、転職希望の人はあまりオススメできないです。
先生と生徒だけのやりとりしか発生しないので、自分の知りたいことは聞けるかもしれないけど、他の人の情報が入ってきづらいですね。

結局、話を一方的に聞くだけで終わってしまうと、スクールのメリットがうまく活かせない。
マンツーマンもグループワークもバランス良く組み込まれているところを選ぶのがいいね。

まとめ:カリキュラムのチェックポイント

  • 対面で複数人で受ける授業がある
  • オンラインならライブ授業やサポート系カリキュラムがある
  • グループ制作などの実案件がベースの実践的な課題がある
  • 課題に対してフィードバックしてもらえる
  • マンツーマンだけにならない

やめておいたほうがいいWebスクールは?

タニマチくん

逆に、こんなスクールはやめておいたほうがいい、というのはありますか?

トリペン先生

例えば、1ヶ月や45日間で〜と謳うようなスクールはオススメできないかな。
CreatorsFactoryでも「4ヶ月で約240時間」の学習時間を推奨していて、
仮に1日8時間勉強するとしたら、約1ヶ月でクリアできる計算だけど、本当に現実的かな?

学習は「食事と一緒」だと思ってください。
1ヶ月で4ヶ月分の食事をとれないように、学んだ知識をうまく消化できないことも多いです。
もちろん短期間で集中して学ぶほうが身につく人もいるから、一概に駄目とはいえないですが、それでも1〜2ヶ月のスクールはカリキュラムをかなり絞っていることがほとんど。
だから、「短期間で絶対にWebデザイナーになれます!」と言い切ってるスクールは注意したほうがいいですね。

時間をかけすぎて「1年間通いましょう」というスクールも、個人的にはやめたほうがいいと思います。
長すぎると、今度は間延びしてメリハリがなくなりがちになるためです。。

スクール運営の経験から見るNGスクール

  • 超短期間(一ヶ月で確実になれる!など)
  • 長期間(1年〜など)
  • 内容が薄い(実践的な内容がない)

「内容が薄い」というのは、実践的な内容がないということです。
例えば、PhotoshopやIllustratorなどの「ツールの使い方」だけで終わっているケース。
課題やレビューがない、実制作やフィードバックがないというのは、あまり独学と変わらなかなと感じます。

個人や稼ぐ系のスクールも要注意。ちゃんと人を選ぼう

「個人の方がSNSで募集しているパターン」はよく調べてください。
距離感が近い・学びやすいなどのメリットも多いけれど、個人の力で運営しているので保証がなかったり、値段が安いけどちゃんと学べるのかわからない、という部分で、人をちゃんと選ばないといけません。

他にはWebスクールというより、「稼ぐ系のスクール」は、目先のメリットに飛びついてしまわないように注意しよう!

タニマチくん

どこのスクールも、メリットは大きく見せてしまいますもんね。

トリペン先生

Web制作で稼ぐことと、稼ぐためにWeb制作をするのでは、関係性が逆転しているからね。
仕事じゃなくて道具として提供しているようなスクールは、グレーなところが多いかな。
たとえカリキュラムがしっかりしていても、実際に入ってみたら「営業の話」ばかりでWeb制作より起業向けだった、というのも失敗談として聞くケースだよ。

いまは大手起業から中小企業や個人が運営しているスクールは、地域で絞ってもたくさんあります。
正直にいうと、かなり増えてしまったので一概にどこが一番とは言えないけれど、最初に伝えたポイントを見てもらうのが一番ですね。

スクール選びのポイント

  • 値段(お財布と相談)
  • 期間(極端でないこと)
  • 内容(薄くないこと)
  • サポート体制

この4点は、冷静に自分の状況に合わせて比較してください。

「学習カリキュラム」で選ぶという人もいるけれど、実はあまり意味がありません。
Photoshopなどのデザインツールを学ぶ、HTMLなどの書き方を学ぶなど、大体同じようになるのでカリキュラムで差別化は難しいためです。

だから学ぶ内容よりも「できるようになる」ために必要な、サポート体制などが揃っていることが重要。
なかなか説明会では分かりにくいかもしれないけれど、この辺りをなるべく突っ込んで聞いたほうがいいですね。

タニマチくん

サポート体制など突っ込んだ質問をしたときに、どんな返事をしてくれるのかも、判断基準になりそうですね。

トリペン先生

Webスクールも一つの手段でしかなくて、『絶対にスクールに入ればこうなれる!』というものではないからね。

Webスクールも「手段」でしかない。乗り物と一緒

例えば、大阪から東京まで行くために…

徒歩や自転車で行く:投資は少ないけれど、体力や時間が多く必要
→これは独学のイメージに近い

車や新幹線、飛行機を使う:投資は必要だけど、早くて確実性が高い。でも事故が起きることもある
→Webスクールや誰かから学ぶパターン

この例だと大阪〜東京は大きな距離だけど、行きたい場所が一駅先のレベルなら、独学でいった方がいいこともあります。
逆に車を持っている、つまり自分で学べるタイプの人は、目的地までの地図さえあればいいから、Webスクールをロードマップ変わりに使う、ということもあるよ。

盲目的に「Webスクールが一番いい!」ではなくて、自分の置かれている状況や目的に合わせて選ぶことが大切だね。

Webスクールの選び方と注意点の総まとめ

今日はスクールの選び方と注意点について紹介しました。
やっぱりスクールがどんなにやろうと言っても、本人が頑張れないとどうにもならないです。
最終的には自分で武装して、一人で走れるようになってもらうのが一番理想!

スクールがゴールがじゃなくて、スクールが終わってから仕事をとって働いていけるようになってほしい。
だからしっかり準備して、自分が最後まで頑張れるスクールを選ぼう!
これがこの記事で一番伝えたかったことです。

  • 独学が苦手な人はWebスクールに向いている
  • 受講期間と費用のバランスは、予算と目的に合わせて選ぶ
  • グループ制作・ライブ授業など、複数人と関われる授業があると良い
  • 超短期間で実践的な内容がないスクールは要注意
  • サポート体制・環境が充実しているスクールを選ぶ

タニマチくん

せっかくなので、スクールを乗りこなせるようになりたいです…!
いろんなポイントを参考にして、自分にぴったりのWebスクールを選んでみます!
ありがとうございました!

CreatorsFactoryの事前相談会では、『他のスクールと迷っている』という相談もOKです!
ぜひお気軽に相談しに来てくださいね。

この記事の動画

8月スタート27期生募集中です!

 

クリエイターズ・ファクトリーでは毎週、個別の説明会・相談会を開催しております。
受講生の9割が全くの未経験からWeb業界へ進んでいますので、不安を感じている方でも安心して受講いただけます。
詳しく聞きたい方は、説明会にご参加下さい。

まずは説明・体験会にご参加ください

説明会では、ヒアリングをしてスクールの説明をします。
お悩みの事や質問などは、お気軽にお聞きください。

活動レポート・ブログ

日々の活動やスクールの情報をまとめています