転職できるWebデザイナーのポートフォリオの作り方 | Webデザイナー・副業フリーランスを目指す【大阪Webデザインスクール】|Creators Factory

Blog
CFブログ

Web転職

転職できるWebデザイナーのポートフォリオの作り方

ポートフォリオが必要なのは分かるけど、具体的にどのような物を作ればいいか分からない。。
何から手につけていいか分からない。。

など、就職用のポートフォリオ作成で困ってないですか?

ポートフォリオの参考で検索しても、アートっぽいのやすごい人の作品がでてきて、就職の場合だと参考にならない事も多いです。

ということで、今回は就職用のポートフォリオの作り方をサポートします!

実際に現場での採用担当にリサーチして、要点をまとめています。

そもそもポートフォリオとは?

ポートフォリオとは、自分の作った作品をまとめている「作品集」のようなものです。
就職活動の時に、どのくらいの実力やスキルがあるのかを確認するためには、必ず必要になります。
就職用なのか仕事用なのかで、見せ方が変わりますが、今回は就職用にフォーカスして説明していきます。

ポートフォリオがなくても就職できている人がたまにいますが、コミュニケーションがめちゃ得意や過去の職歴か学歴がすごいかのどちらかなので、やはり必要かなと思います。

業種に最適化したポートフォリオの種類

ポートフォリオの種類は「紙」と「Web」に別れます。
Webデザイナーであっても、紙のポートフォリオを求められる場合もあるので、余裕があれば両方作ると一番いいです。

例えば、Webデザイナーで求人に応募したとします。流れは、

①求人に応募する(WebポートフォリオのURL添付)
②面接に行く(紙のポートフォリオ一応持っていく)
③入社

②の現場で自分のポートフォリオを見ながら、話すと好印象になります。
Webの場合は、パソコン持参して表示しながらでもいいと思います。

今回はWebデザイナーになりたい人向けの、Webのポートフォリオを中心に説明します。

ポートフォリオには、どんな内容を入れればいいの?

まず、悩むのがここですよね。
自分のサイトを作ることが実は一番大変なんです。。

さっそく、ポートフォリオに必要な情報をお伝えします。

ポートフォリオに入れたい情報

  • あなたのプロフィール
  • これから何をしていきたい・どうなりたいか
  • なぜこの業種を仕事に選んだのか
  • 制作物
  • 何がどのくらいできるか?(スピードが分かるように)

就職用のポートフォリオで大事なのが、作品集になりすぎないこと
ブログやSNSでの発信をしている人は、リンクをはるのも有効ですよ。

ここで大事なのが、あなたに興味を持たれることです。
そのため共有できることは全て行ってみることが意外と大事なんです。

具体的に各項目の説明をしていきます。

あなたのプロフィール

履歴書や職務経歴だけでは、どんな人なのかがわかりにくいです。
そのため、ポートフォリオの中で履歴書に書ききれない自分のことを盛り込むと、面接につながりやすいです。

プロフィールをうまくかけない人は、自分の棚卸をするといいです。

自分の棚卸しに役立つ項目

  • いままでの人生で好きだったこと、夢中になったこと
  • 夢中になったことの理由、なぜ好きなのか
  • 好きな人or応援したい人、嫌いな人or苦手な人
  • あなたの強み・やりたこと
  • あなたの弱み・やりたくないこと

上の項目を出してみると棚卸しがはかどりますよ。
一度、お試しでやってみて下さい。

これから何をしていきたい・どうなりたいか

トリペン先生

まずは自分のしたいことや、なりたいイメージをシンプルに伝えるといいよ!

意外とこれからの話をきちんとデキる人は少ないです。
自分でもどうしていきたいかが、まだ決まっていない人も多いと思います。
ただ、ここではいま答えれる範囲で「言い切る」ことが大事です。

採用担当からは、あなたが「何をしたくて、どうなりたいか」を知りたがっています。

そのため、未来の話がポートフォリオにあると、会社側もあなたのキャリアをイメージしやすくなります。

なぜこの業種を仕事に選んだのか

未経験での転職の場合は、なぜわざわざWebデザイナーやこの業界を選んだのかが気になります。
そんなに給料もいいわけではないですし、残業もまぁまぁありますし、意外と地味な仕事も多いです。
それでも、選んだ理由が気になりますよね?

特別すごい理由はなく構わないので、理由を明確にして記載してあると面接のときにも話がしやすくなります。

制作物

タニマチくん

はじめは考えすぎて全然進まないんだよね。。

トリペン先生

気持ちはわかるけど、失敗を恐れずにどんどんチャレンジしていくことが、やっぱりいちばん成長するからね。

制作物は必ず掲載しましょう。
ただ、実績ってどうやって作ればいいの?という方にお伝えしたいことは、「なんでもいい!」ということです。
初心者のうちは、手を動かして作ったものはすべて実績にしてください。

僕も色々試していましたが、具体的にどんなものが実績になるかと言うと。

  • バナーの作成(模写もあり)
  • クラウドソージングのコンペに応募
  • Webサイトの作成(模写もあり)
  • LPの作成(模写もあり)
  • 自分のサイトを作る(ポートフォリオ以外)
  • 友達のサイトを作る
  • 親のサイト・親戚のサイト作成
  • プログラムで簡単なサービスを作る
  • 毎日ロゴをインスタに投稿

などなど、はじめのうちは、「やってくれる感」が重要になります。
ここでライバルとの差がつくので、まずは数をこなしてください。

何がどのくらいできるか?

タニマチくん

自分を客観的に考えるのも大事なんだ〜。
いいものを作ればいいだけじゃないんだね。

制作物をみればある程度は何ができるかは分かるのですが、今現在あたらしく勉強していることや、今何がどのくらいできるかは、伝えておくといいです。

特にスピードに関しては、表記したほうがいいです。
同じクオリティーでも、どのくらいで作成したかで、仕事の質が変わります。
自分で時間の管理ができる人は重宝しますから。

どこの誰に向けてのポートフォリオか考える

まずは、どんな人に見せるか考えます。

例えば、バリバリ制作会社に行きたい人とEC関係(ネットショップ)の人では、内容も変えなければなりません。
大きく変える必要はないですが、履歴書の応募理由と同じで、相手に合わせて変える必要があります。
ここで一番大事なのは、見る人の事をちゃんと考えてるか。

タニマチくん

見る人のことを考えるって具体的には何を考えるの?

トリペン先生

そうだね。例えば、、
・制作会社は忙しく時間がないので、情報は1ページにまとめて見やすくするとか
・人間性を大事にしている会社にはSNSを公開したり
・即戦力を求めてる会社には、最新技術を使い出来るアピールをするとか
・働く会社の実績に合うようなデザインにしたり
になるかな。

相手の求めてる人材が来た!と思わせる事が必要になります。
そのためには、相手の会社のことを知る必要があるため、リサーチが必要不可欠になります。

ポートフォリオの制作の流れ

前置きが長くなりましたが、ポートフォリオ制作の流れを説明します。

  • ①テキストでいいので、構成をまとめる
  • ②①の項目を手書きでワイヤーフレームにする
  • ③掲載する素材を揃える
  • ④デザインツールでデザインカンプを作成する
  • ⑤④をコーデングする
  • ⑥FTPで本番環境に公開

④からは、普通の制作になるので割愛します。
③までを順番に説明していきます。

①テキストでいいので、構成をまとめる

今回の記事の内容がそのままサイトに掲載できるようになります。

  • あなたのプロフィール
  • これから何をしていきたい・どうなりたいか
  • なぜこの業種を仕事に選んだのか
  • 制作物
  • 何がどのくらいできるか?(スピードが分かるように)

構成の順番などは変更しても大丈夫ですが、このままでも問題ないです。

②①の項目を手書きでワイヤーフレームにする

文章だけの情報に、少しだけビジュアル化にしていきましょう。
手書きで大丈夫ですよ。

③掲載する素材を揃える

ポートフォリオの素材は、

  • 制作物
  • 自分の写真(アイコン)
  • 各SNSやブログ(noteもあり)

注意ですが、制作物が多い場合は選定したものを載せましょう。
乱雑にカテゴライズがされていないと見る人が見づらいので、整理してください。

例(カテゴリー分け)

  • イラスト系
  • Web系
  • DTP系

自分の情報は、履歴書よりアピールするチャンスですので、見せても問題ない人は掲載してみましょう。
あとは、ここからデザインツールでポートフォリオを完成に近づけてください。

ポートフォリオのNGなこと

これは、ちょっと・・・
というポートフォリオの注意点はこの2つ。

ポートフォリオの注意点

  • 1つ1つの内容が薄い(無駄にページ数がある)
  • ポートフォリオ以外の実績が全然ない

1つ1つの内容が薄い(無駄にページ数がある)

転職する際に作るポートフォリオで、あるあるな内容です。
実績や自分の情報が多い方は別に構わないのですが、多くの人が1ページ対する情報量が少なすぎます。

その場合は、1ページ完結型のポートフォリオをおすすめします。

  • 1ページものだと情報量が少なくても違和感が無い
  • 採用担当者がみやすい・確認しやすい
  • レスポンシブに対応しやすい
  • 工数(作業時間)が短くて済む

はじめてのポートフォリオにはちょうどいいかなと思います。

ポートフォリオ以外の実績が全然ない

ポートフォリオとは実績を載せるためのサイトなので、最低でも2つくらいは実績が欲しいです。
実績が多ければ、採用の判断材料が増えるので印象はUPします。

実績が無いんですけど、、、という人は、「作って下さい!」としか言えないです。
こればっかりは、どうにも出来ないので、手を動かして制作をしてください。

Webデザイナーのポートフォリオの作り方のまとめ

就職に使えるポートフォリオについてまとめました。
教えていった生徒の中でも、効果が高い方法を、まとめてお伝えしています。

どういうポートフォリオを作ろうかと思っている方は、参考にしてまずは1つ作成してください。
制作は慣れの部分が大きいので、数をこなすことをおすすめします。

では、就職活動を頑張ってください!

【あと5名まで】2020年11月スタート21期生募集中

 

クリエイターズ・ファクトリーでは毎週、個別の説明会・相談会を開催しております。
受講生の9割が全くの未経験からWeb業界へ進んでいますので、不安を感じている方でも安心して受講いただけます。
詳しく聞きたい方は、説明会にご参加下さい。

まずは説明・体験会にご参加ください

説明会では、ヒアリングをしてスクールの説明をします。
お悩みの事や質問などは、お気軽にお聞きください。

活動レポート・ブログ

日々の活動やスクールの情報をまとめています