CFブログ

Blog

Webデザイナー転職, Web副業

【初心者向け解説】Webデザイナーの仕事内容と将来性は?気になる給与は?

Webデザインは近年、注目されている職業の一つです。この記事では、Webデザイナーの仕事内容とその将来性について初心者にも分かりやすく解説します。
まだ経験がない方でも、どのようにしてWebデザイナーになれるのか、そのプロセスについても詳しく説明します。

Webデザイナーとは?

WebデザイナーとWeb担当者の違い

よく出てくる疑問として、WebデザイナーとWeb担当者の役割や仕事の違いについて解説します。

Webデザイナーの業務内容

Webサイトのデザイン、レイアウト、コーディングなど、視覚的な表現を専門とする職種です。

Web担当者の業務内容

Web担当者は、Webサイトの企画、運営、管理など、幅広い業務を担当。
Webサイト全体の戦略を立案し、目標達成のために必要な施策を実行。

Webデザイナーは、デザインスキルに加えて、HTML、CSS、JavaScriptなどのプログラミング言語の知識も必要とされます。また、ユーザーインターフェース(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)に関する知識も求められます。Web担当者は、マーケティング、SEO、アクセス解析などの知識も必要とされます。

WebデザイナーとWeb担当者は、それぞれ異なる役割を担っていますが、Webサイトの成功には両者の連携が不可欠です。Webデザイナーは、クライアントの事業貢献とユーザーへの配慮など様々な背景を考える業種になります。

Webデザイナーの魅力

Webデザイナーとして働くことの魅力や楽しさについて紹介します。
Webデザイナーの魅力は、自分の創造性を活かして、人々の心を動かせる仕事であることです。
デザインを通して、ユーザーに喜びや感動を与えることができます

また、最新の技術やトレンドを常に学び続けることで、自身のスキルアップを実感できます。
さらに、Webデザイナーは、様々な業種、様々な規模の企業と関わる機会があり、幅広い知識や経験を積むことができます。

Webデザイナーは、クライアントの要望を聞き取り、それをデザインに落とし込むという、クリエイティブな仕事です。
自分のアイデアを形にする喜びや、ユーザーからのフィードバックを受けながら、より良いデザインを生み出す達成感は、大きな魅力です。
また、Webデザインは常に進化している分野であり、新しい技術やツールを学ぶことで、常に新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができます。

Webデザイナーは、自分のスキルを活かして、様々なプロジェクトに関わることができます。
例えば、企業のWebサイトのデザイン、スマートフォンアプリのデザイン、広告のデザインなど、多岐にわたるプロジェクトに挑戦できます。

また、フリーランスとして独立し、自分のペースで仕事をすることも可能です。

Webデザイナーの仕事内容は?

1. ヒアリングと要件定義

クライアントの希望や要求を聞き取り、サイトの要件を定義します。
Webデザイナーは、まずクライアントとのヒアリングを行い、ウェブサイトの目的、ターゲットユーザー、デザインの要望などを詳しく聞き取ります

ヒアリングを通して、クライアントのニーズを正確に理解し、それを実現するための具体的な要件を定義します。
ヒアリングでは、クライアントのビジネスモデル、競合他社のWebサイト、ターゲットユーザーの属性、Webサイトの運用方法など、様々な情報を収集します。

これらの情報を基に、Webサイトのコンセプト、デザインの方向性、機能などを決定します。
要件定義は、Webサイト開発の最初の段階であり、非常に重要なプロセスです。要件定義が明確でなければ、後々トラブルが発生する可能性があります。
そのため、クライアントとのコミュニケーションを密に図り、双方が納得できる要件を定義することが重要です。

2. デザイン制作

サイトの構成、レイアウト、デザインの作成を行います。要件定義に基づいて、ウェブサイトのデザインを作成します。デザインには、以下の要素が含まれます。

構成
ウェブサイト全体の構成を設計します。ページの順番、メニューの配置、コンテンツの配置などを決定します。

レイアウト
各ページのレイアウトを設計します。画像、テキスト、ボタンなどの配置を決定します。

デザイン
色、フォント、画像、イラストなどを使い、ウェブサイトの視覚的な表現を決定します。

デザイン制作には、様々なツールを使用します。Adobe Photoshop、Illustrator、Sketchなどのデザインソフトや、Figma、InVisionなどのプロトタイピングツールなどがあります。

デザイン制作では、ユーザーの視線誘導、情報伝達、操作性などを考慮して、使いやすい、見やすいデザインを目指します。また、クライアントのブランドイメージやターゲットユーザーの属性などを考慮して、適切なデザインを作成します。

3. コーディング

デザインを実際のWebページとしてコーディングし、動作確認を行います。デザインが完成したら、HTML、CSS、JavaScriptなどのプログラミング言語を使って、実際のWebページとしてコーディングします。コーディングでは、デザインを忠実に再現し、Webサイトが正しく動作することを確認します。

コーディングには、様々なエディタや開発ツールを使用します。
Visual Studio Codeなどテキストエディタや、ブラウザの開発者ツールなどがあります。

コーディング作業では、コードの品質、セキュリティ、アクセシビリティなどを考慮することが重要です。また、ブラウザ間の互換性も確認する必要があります。

4. UI/UX設計

ユーザーの体験を最適化するための設計を実施します。UI/UX設計は、ユーザーがWebサイトを利用する際の体験を向上させるための設計です。
UI(ユーザーインターフェース)は、ユーザーがWebサイトと対話するための画面のデザインを指します。
UX(ユーザーエクスペリエンス)は、ユーザーがウェブサイトを利用する全体的な体験を指します。

UI/UX設計では、ユーザーの行動パターン、心理、ニーズなどを分析し、使いやすい、分かりやすい、魅力的なウェブサイトを目指します。例えば、ユーザーが目的の情報にたどり着きやすいように、ナビゲーションを設計したり、ユーザーが迷わないように、分かりやすい表示を設計したりします。

UI/UX設計は、ウェブサイトの成功に大きく影響を与えるため、Webデザイナーにとって重要なスキルです。

Webデザイナーになるためには?

1. 独学で勉強する方法

書籍やオンライン教材を使って独学で学ぶ方法について説明します。
Webデザインは、独学でも学ぶことができる分野です。インターネット上には、無料で学べる情報や教材がたくさんあります。書籍やオンライン教材を利用して、基礎知識を学ぶことができます。

独学で学ぶメリット
自分のペースで学習を進められることです。時間や場所を選ばずに、自分の好きな時間に勉強できます。また、無料の教材や情報も多いので、経済的な負担も少なくて済みます。

独学で学ぶデメリット
モチベーションを維持するのが難しいことです。目標や計画を立てずに、ただ漫然と勉強していると、途中で挫折してしまう可能性があります。また、独学では、実践的なスキルを身につけるのが難しい場合があります。

独学でWebデザインを学ぶ場合は、以下の方法がおすすめです。

Webサイトやブログを検索してみる
多くのWebサイトやブログで、Webデザインに関する情報が公開されています。基礎知識から実践的なテクニックまで、幅広い情報を学ぶことができます。

オンライン教材を購入する
Udemy、Schoo、ドットインストールなどのオンライン学習サービスでは、Webデザインに関する様々なコースが提供されています。動画やテキスト形式で、分かりやすく解説されています。

書籍を購入する
Webデザインに関する書籍は、初心者向けの入門書から、上級者向けの専門書まで、様々なレベルのものが出版されています。自分のレベルに合った書籍を選び、学習を進めましょう。

2. Webスクールで学ぶ方法

専門学校、スクールでWebデザインを学ぶ方法について紹介します。
社会人がWebデザインを体系的に学びたい場合は、スクールに通うのがおすすめです。
学校やスクールでは、経験豊富な講師から、実践的なスキルを学ぶことができます。また、他の生徒と交流することで、モチベーションを維持したり、新しい知識や技術を学んだりすることができます。

スクールで学ぶメリット
体系的なカリキュラムで学ぶことができることです。基礎知識から実践的なスキルまで、段階的に学ぶことができます。また、講師から直接指導を受けることができるので、疑問点をすぐに解決できます。
さらに、他の生徒と交流することで、モチベーションを維持したり、新しい知識や技術を学んだりすることができます。

スクールで学ぶデメリット
費用がかかることです。大学や専門学校は、学費が高額になる場合があります。また、スクールによっては、受講料が割高になる場合があります。

学校やスクールでWebデザインを学ぶ場合は、以下のポイントを参考にしましょう。

カリキュラムが実践的か?
自分に合ったカリキュラムが用意されているかを確認しましょう。基礎知識から実践的なスキルまで、幅広い内容を学べるカリキュラムを選ぶことが重要です。

講師が現役か?
経験豊富な講師が在籍しているかを確認しましょう。講師の経歴や実績などを参考に、信頼できる講師を選びましょう。

サポート環境
実践的なスキルを学ぶためには、サポートが必要不可欠です。
回数制限や期限付きのものはリスクもあるので、不安な人は避けた方が良いです。

3. 実務経験を積む方法

インターンシップやアルバイトを通じて、実際の現場で経験を積む方法を解説します。
Webデザイナーとして働くためには、実績が不可欠です。インターンシップやアルバイトを通じて、実際の現場で経験を積むことでスキルアップすることができます。

インターンシップでは、企業のWebデザイナーと一緒に仕事をすることができます。実際のプロジェクトに参加することで、仕事の進め方や、クライアントとのやり取りなどを学ぶことができます。
また、先輩デザイナーからアドバイスを受けることで、スキルアップを図ることができます。

アルバイトでは、Webデザインに関する業務を経験することができます。Webサイトのデザイン、コーディング、更新など、様々な業務に携わることができます。アルバイトを通して、実践的なスキルを身につけることができます。

メリットは、実践的なスキルを身につけることができることです。学校やスクールで学んだ知識を、実際の現場で活かすことができます。また、企業の文化や仕事の進め方などを学ぶことができます。さらに、人脈を築くことができます。

インターンシップやアルバイトは、学生時代に限られることが多いです。また、未経験者には、なかなか仕事が見つからない場合があります。

Webデザイナーの将来性

Webデザイナーの需要と供給

今後のWebデザイナーの需要について説明します。Webデザイナーの需要は、今後も高まると予想されています。インターネットの普及に伴い、ウェブサイトやスマートフォンアプリの需要はますます増加しています。
そのため、Webデザイナーの仕事は、今後も安定した需要が見込まれます。
2023年に経済産業省が発表したECサイトの市場規模*を見ると、2022年の国内電子商取引市場規模、22.3兆円で、2013年からは200%近く増加しています。

特に、ECサイトや企業のウェブサイト、スマートフォンアプリなどの開発需要は、今後も拡大していくと考えられます。また、デジタルマーケティングの進化に伴い、Webデザイナーの役割はますます重要になってきています。

Webデザイナーの需要は、今後も高まると予想されますが、競争も激化していくと考えられます。そのため、差別化を図ることが重要です。
専門分野を深めたり、新しい技術を習得したりすることで、競合他社との差別化を図ることができます。

(*参考:令和5年度産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査))

技術の進化とWebデザイン

Webデザインは、常に進化している分野です。新しい技術やツールの登場により、デザインの表現方法やユーザー体験は大きく変化しています。

近年では、人工知能(AI)やVR(仮想現実)、AR(拡張現実)などの技術が注目されています。これらの技術を活用することで、よりインタラクティブで没入感のあるウェブサイトやアプリを開発することができます。

Webデザイナーは、常に新しい技術やトレンドを学び続ける必要があります。新しい技術を習得することで、より魅力的なデザインを生み出すことができます。また、技術革新に対応することで、競争力を維持することができます。
このような職業なため、次のキャイアステップの幅がかなり広くなります。

例えば、以下のようなキャリアパスがあります。

UI/UXデザイナー
ユーザーインターフェース(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)を専門とするデザイナーです。ウェブサイトやアプリのデザインだけでなく、製品のデザインやサービスのデザインなども担当します。

Webディレクター
プロジェクトの監督のような役割です。クライアントと制作チームメンバーと協力して要件定義・見積もり・設計・商談・プレゼンテーション・納品など多岐にわたる業務をこなします。

フロントエンドエンジニア
ウェブサイトの見た目や動作を開発するエンジニアです。HTML、CSS、JavaScriptなどのプログラミング言語を使って、ウェブサイトのフロントエンド部分を開発します。

デジタルマーケター
デジタルマーケティングの戦略立案、実行、分析などを担当します。Webデザインの知識を活かして、効果的なデジタルマーケティング施策を展開します。

Webデザインのスキルは、様々な分野で求められています。自分の興味や強みに合わせて、新しいキャリアに挑戦することができます。

Webデザイナーの給与は高いのか?稼げるのか?

Webデザイナーの平均年収ですが、全国のWebデザイナーの平均年収は約480万円とされています。
これを高いと感じるか、低いと感じるかは人それぞれですね。
DODAのデータによると、2020年のWebデザイナーの平均年収は約360万円で、年収の分布としては300~400万円未満の層が全体の39.1%を占めています。

参考:Webデザイナーの平均年収はいくら?給料アップを目指す方法や転職事例も解説

Webデザイナーの年代別の年収

20代の平均年収は約318万円、30代では約429.5万円、40代では約514万円、50代では約564.5万円となっています。
厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、20代前半では305.37万円、30代半ばで535.04万円、40代で561.86万円と上昇していきます。

参考:厚生労働省 賃金構造基本統計調査

未経験の場合の年収は?

未経験の場合は話が変わります。経験がないのでどうしても給与は低くなります。
元々の職業で役職がある方や昇給している方は、少し下がる可能性があります。

未経験者の場合、年収は252万円程度からスタートすることが多いです。
一方で、実務経験者の場合、336万円以上になることが多いです。

まとめ

Webデザイナーは魅力的で将来性のある職業です。この記事を参考にして、是非チャレンジしてみてください!
Webデザイナーは、創造性を活かして人々の心を動かせる仕事です。
最新の技術やトレンドを常に学び続けることで、自身のスキルアップを実感できます。また、様々な業種、様々な規模の企業と関わる機会があり、幅広い知識や経験を積むことができます。

Webデザイナーになるには、独学、スクール、実務経験など、様々な方法があります。
自分に合った方法で、Webデザインを学び、スキルアップを目指しましょう。Webデザイナーは、今後も需要が高まる職業です。新しい技術を習得し、Webデザインの世界で活躍していきましょう。

【8月】44期Webクリエイティブコース募集中!

 

クリエイターズファクトリーでは毎週、説明会・相談会を開催しております。
オンラインでも参加が可能となります。
受講生の9割が全くの未経験からWeb業界へ進んでいますので、不安を感じている方でも安心して受講いただけます。
詳しく聞きたい方は、説明会にご参加下さい。

ご質問にはなるべく早く回答します

誰でもお気軽にご相談ください。