CFブログ

Blog

Webスクール, Webデザイン学習

【2024年最新】値段が安いWebデザインスクールおすすめ|質とコスパで選ぶ!

Webデザインのスキルを学べるスクールが増えている中で、コストパフォーマンスの高いスクールを見つけることが重要です。本記事では、2024年の最新情報を基に、料金が安く質の高いおすすめのWebスクールを紹介します。

料金が安いWebスクールの選び方

料金が安いことはいいことなのですが、必ずしも質が良いとは限りません。
中には値段に限らず、内容が薄く悪質なスクールもありますのでご注意ください。

学習プランで選ぶ

学習プランが充実しているスクールには、多くの選択肢があります。
自分に合ったプランを選ぶことで、無駄な費用を減らすことができます。

例えば、Webデザインを基礎から学びたいのか、特定のスキルを身につけたいのか、就職・転職を希望するのか、副業でスキルを活かしたいのかなど、目的によって最適なプランは異なります

Webデザインの基礎を学びたい場合は、デザイン基礎、Photoshop、Figma、HTML、CSS、JavaScriptなどの基礎知識を習得するコースを選びましょう。
さらには、手を動かしながら制作物を作れる環境がおすすめです。
応用スキルを身につけたい場合は、WordPressなどの専門的なスキルがある講座やコースを選択するといいでしょう。

就職・転職を希望する場合は、ポートフォリオ作成や面接対策などのサポートが充実しているWebスクールを選んでください。
副業でスキルを活かしたい場合は、Webデザインの知識を活かして、ホームページ制作・デザイン制作などの副業を始められるWebスクールを選びましょう。

どのスクールも、基本的には無料体験やカウンセリングなどを提供しているので、その窓口で相談してみるといいですね。

オンライン受講と通学受講の違い

オンラインスクールと通学型スクールには、それぞれのメリットとデメリットがあります。
個々の生活スタイルに合った方法を選んでください。

私は、オンライン受講しました。
メリット・デメリットはこのような感じでした。

◎オンライン受講のメリット
・自宅で自分のペースで学習できる
・通学の必要がないため、時間や場所の制約を受けずに学習できる
・通学型スクールに比べて料金が安いことが多い

◎オンライン受講のデメリット
・モチベーションが下がりやすい
・自宅の環境に左右される
・家なので誘惑が多く集中力が落ちやすい

自分は、通学受講しました。
メリット・デメリットはこのような感じでした。

◎通学受講のメリット
・横のつながりが作りやすい
・質問がしやすかった
・挫折せず集中力が最後まで続いた

◎オンライン受講のデメリット
・交通費が多少かかった
・天候によって外出のモチベーションが変わった
・人見知りなので初めては緊張した

オンラインスクールでは、チャットやビデオ通話などを通して、講師や他の受講生とコミュニケーションをとることができますが、通学型スクールのように、対面で直接顔を合わせてコミュニケーションをとることはできません。

どちらの学習方法が自分に合っているのか、じっくり検討しましょう。

サポートの質と内容

受講中や卒業後のサポートも非常に重要です。

転職支援やメンタリングなどのサポートがしっかりしているスクールを選ぶと、結果につながりやすいです。
例えばサポートの内容としては、以下のようなものが挙げられます。

・質問対応
・課題レビュー
・ポートフォリオ作成支援
・就職・転職支援
・コミュニティ活動

質問対応


学習中にわからないことがあったときに、すぐに質問できるサポートです。
チャットやLINEなどテキストを中心に使うことが多いですが、中にはZOOMなどで話しながらサポートをしてくれるスクールもあります。
個人的にはチャットのみは初心者だとハードルが高くなる気がしました

課題レビュー

提出した課題に対して、講師からフィードバックをもらえるサポートです。
ここで重要なことですが、回数制限・期限があるかどうか?は大事です。
例えば、3回だけとかだと正直少なすぎますので、フィードバックの回数制限なしのところが良いと思います。

ポートフォリオ作成支援

就職活動や転職活動で必要となるポートフォリオの作成をサポートします。
仕事にする上でポートフォリオは絶対必要になりますので、受講期間で作成できる環境が望ましいです。
自分でも作れますが、客観的にアドバイスがもらえるかが重要です。

就職・転職支援


就職活動や転職活動の際に、履歴書や面接対策などのサポートします。
転職系のサポートがないスクールも多いのでご注意ください。
特にフリーランス系のスクールは、転職目的の方は使わないようにしましょう

コミュニティ活動

コミュニティはあった方がいいです!
受講生同士に限らず、講師やメンターとの交流ができる環境は地味にモチベーションに影響してきます。
そのため受講後も使えるような環境を選ぶことをお勧めします。

これらのサポートが充実しているスクールは、モチベーションの維持、スキルアップを促進する効果が期待できます。

費用が安いおすすめWebスクール

クリエイターズファクトリー

公式サイト:https://creators-factory.com/

クリエイターズファクトリーが、女性向けでおすすめの理由は、
やっぱり「卒業がなくサポートの期間制限や回数制限もない点と、費用が安すぎる」につきますね!

クリエイターズファクトリーは、実務を想定したカリキュラムで実践的なスキルを習得できるWebスクールです。
受講生の年齢は、20〜50代の男女と幅広く、様々な目的の方にご利用いただいています。

開校から8年目となるスクールですが、当初から「卒業なし」のサポート体制を実施しており、その結果に受講生も仕事に繋げていく人が多く多数の実績があります。
特に、オンライン・通学の両方でサポートを受けられつつ、毎週質問や勉強会も行われており、その環境がずっと利用できるのが魅力的です。
授業形式のコースもあるため、独学や動画教材系のスクールで挫折した方には、お勧めではないでしょうか。

▼クリエイターズファクトリーの特徴
* 卒業がなく無期限で学べて、サポートも受けられる
* 課題、フィードバックが多いのでスキルアップできる
* 転職や案件獲得のサポートがある
* 現役の講師、メンターが15名以上いる
* 通学、オンライン、授業形式、動画学習を組み合わせて学べる
* 専任のキャリアコンサルタントがキャリアのサポート

実際の口コミはこちら

受講生の体験note

TechAcademy

公式:https://techacademy.jp/

TechAcademy(テックアカデミー)が、女性向けでおすすめの理由は、
やっぱり「マンツーマンなので自分のペースで受講できる点」につきますね!

TechAcademyはオンラインでの学習が主で、週2回のメンタリングが特徴です。学習のサポートが充実しているため、効率的にスキルを習得できます。

TechAcademyは、初心者からプロを目指すまで、幅広いレベルに対応したオンラインプログラミングスクールです。Webデザインコースでは、HTML、CSS、JavaScriptなどの基礎から、WordPress、Photoshopなどの実践的なスキルまでを学ぶことができます。

週2回のメンタリングでは、専任のメンターが学習の進捗状況や疑問点をサポートしてくれるため、挫折することなく学習を進められます。また、チャットサポートも充実しており、いつでも質問できます。さらに、学習コミュニティがあり、他の受講生と交流することでモチベーションを維持できます。

▼TechAcademyの特徴
* オンラインでの学習が中心
* 週2回のメンタリング
* チャットサポート
* 学習コミュニティ
* 初心者からプロレベルまで対応

SHElikes(シーライクス)

公式:https://shelikes.jp/

SHElikes(シーライクス)が、女性向けでおすすめの理由は、
やっぱり「女性専用スクールなのとコーチングがある点」につきますね!

SHElikesは女性専用のオンラインスクールで、Webデザインをはじめとする多岐にわたるスキルを学ぶことができます。初心者でも安心してスタートできます。

SHElikesの魅力は、女性限定という点にあります。女性同士で学び合える環境が整っており、同じ目標を持つ仲間と交流することでモチベーションを維持しやすくなります。また、カリキュラムは初心者からプロレベルまで幅広く、自分のレベルに合わせて学習を進められます。さらに、就職サポートや起業支援など、卒業後のキャリア形成を支援するサービスも充実しています。

SHElikesでは、Webデザイン以外にも、プログラミング、マーケティング、ライティングなど、さまざまなスキルを学ぶことができます。自分の興味やスキルアップしたい分野に合わせて、最適なコースを選択できます。

▼SHElikesの特徴
* 女性限定のオンラインスクール
* Webデザイン、プログラミング、マーケティングなど、幅広いコース
* 初心者からプロレベルまで対応
* 就職サポート、起業支援など、充実した卒業後のサポート
* 女性専用のコミュニティで、仲間と交流しながら学習

Webスクールの費用相場

オンラインスクールの相場

オンラインスクールの場合、月額制が主流で、月額1万円前後のコースが多いです。
短期間で学べる集中コースもあります。

オンラインスクールは、通学型スクールに比べて、比較的低価格で学習できることが多いです。
ただし入学金がかかるケースも多く、10〜30万くらいかかる場合あります。
そのため結構割高になる場合も計算してスケジュールを考えなければなりません。


無料体験やカウンセリングなどを活用して、自分に合ったスクールを選びましょう。

通学型スクールの相場

通学型のスクールは、コースの期間によって料金が異なります。
3ヶ月〜6ヶ月のコースで30万円以上のものが一般的です。

通学型スクールは、オンラインスクールに比べて、料金が高くなる傾向があります。
しかし、講師との直接的なやり取りや他の受講生との交流を通して、モチベーションを高められるというメリットがあります。

通学型のスクールを選ぶ場合は、授業料だけでなく、交通費や教材費なども考慮する必要があります。

教育訓練給付制度を使うのもあり

教育訓練給付制度を利用すると、受講料の一部を補助してもらえるため、実質的な負担を減らすことができます。
条件を確認して賢く活用しましょう。

教育訓練給付制度は、雇用保険に加入している方が、一定の条件を満たせば、受講料の20%(上限10万円)を国から支給される制度です。

この制度を利用することで、Webスクールの受講費用を大幅に抑えることができます。
教育訓練給付制度を利用するには、以下の条件を満たす必要があります。

雇用保険に加入していること
2年以上雇用保険に加入していること
対象となるコースを受講すること
訓練期間が1ヶ月以上であること
訓練時間数が144時間以上であること

教育訓練給付制度の対象となるコースは、厚生労働省のホームページで確認できます。

Webスクールのよくある質問

独学とスクールの違いは何ですか?

独学ではわからないことがすぐに質問できないのに対し、スクールではプロからのフィードバックが受けられるため、効率よく学習できます。

独学でWebデザインを学ぶことは、決して不可能ではありません。
しかし、独学では、以下の点が課題となります。

正しい学習方法がわからない
わからないことがあったときに質問できない
モチベーションを維持するのが難しい

スクールに通うことで、これらの課題を解決することができます。
スクールでは、プロの講師から指導を受けることができるため、正しい学習方法を学ぶことができます。

また、わからないことがあれば、すぐに質問することができます。
さらに、他の受講生と交流することで、モチベーションを維持しやすくなります。

料金が安いスクールは質が悪いですか?

料金が安いからといって質が悪いわけではありません。
むしろ、良質でコスパの良いスクールも多く存在します。

スクールを選ぶ際には、料金だけでなく、以下の点も考慮しましょう。

講師の質
カリキュラムの内容
サポート体制
卒業後のサポート

講師の質は、スクールを選ぶ上で非常に重要な要素です。
経験豊富な講師や、現役で活躍している講師がいるスクールを選ぶようにしましょう。

カリキュラムの内容は、自分の学習目標に合っているかを確認しましょう。
サポート体制は、学習中に困ったときに、適切なサポートが受けられるかを確認しましょう。

卒業後のサポートは、卒業後もスキルアップを続けられるように、サポートが充実しているスクールを選びましょう。
これらの要素を総合的に判断することで、自分に合ったスクールを見つけることができます。

まとめ:コスパ最高のWebスクールを見つけよう

本記事では料金が安く、質の高いWebスクールを紹介しました。
自分の目的やライフスタイルに合ったスクールを選んで、効果的にWebデザインを学びましょう。

Webデザインは、スキルを身につければ、就職・転職、副業など、様々な選択肢が広がります。
ぜひ、自分に合ったスクールを見つけて、Webデザインの世界に挑戦してみてください。

【あと5名】44期Webクリエイティブコース募集中!

 

クリエイターズファクトリーでは毎週、説明会・相談会を開催しております。
オンラインでも参加が可能となります。
受講生の9割が全くの未経験からWeb業界へ進んでいますので、不安を感じている方でも安心して受講いただけます。
詳しく聞きたい方は、説明会にご参加下さい。

ご質問にはなるべく早く回答します

誰でもお気軽にご相談ください。