CFブログ

Blog

フリーランス

Web制作デザイナーのフリーランスは本当にきつい?知っておきたい5つの事実とメリットとは

Web制作フリーランスとして働くことには多くの魅力がありますが、一方で厳しい現実も存在します。
本記事では、フリーランスとしてのWeb制作がきついとされる理由と、それでも挑戦する価値があるポイントについて詳しく解説します。

Web系のフリーランス知っておきたい5つの事実

低単価案件の多さ

Web制作フリーランスの世界に足を踏み入れると、最初に直面する現実の一つに、低単価案件の多さがあります。特に、経験が浅いフリーランスは、実績を積むために低単価で仕事を引き受けるケースが多く、収入が不安定になりがちです。そのため、生活費をやりくりしたり、将来への不安を抱えたりするなど、精神的な負担が大きくなってしまうことも少なくありません。

低単価案件は、競争が激しく、多くのフリーランスが参入しているため、価格競争が激化しやすく、単価が下がりやすい傾向にあります。また、クライアント側も、予算を抑えたいという理由から、低単価の案件を探している場合も多く、フリーランスは、低単価で仕事を引き受けることを強いられる状況に置かれることもあります。

さらに、低単価案件は、納期が短く、作業内容が複雑で、顧客からの要求が厳しいなど、負担が大きい場合も多いです。そのため、低単価案件ばかり受注していると、時間あたりの収入が少なくなり、生活が苦しくなる可能性もあります。

継続的な案件確保の難しさ

安定した収入を得るためには、継続的に新しい案件を獲得していく必要があります。しかし、フリーランスは企業のように、安定した顧客基盤を持っているわけではありません。そのため、常に新しい案件を探し、顧客との関係を築き、信頼を得るという努力が必要になります。特に、競合が多い業界では、案件獲得競争が激化し、思うように仕事が得られない状況に陥ることも少なくありません。

案件獲得には、ポートフォリオの作成、営業活動、人脈作りなど、様々な努力が必要です。ポートフォリオは、自分のスキルや実績をアピールする重要なツールであり、質の高い作品を揃えることが重要です。営業活動は、顧客にアプローチし、自分のサービスを売り込む活動であり、積極的に行動することが求められます。人脈作りは、他のフリーランスやクライアントとの繋がりを作り、情報交換や協力関係を築く活動であり、積極的に交流することが重要です。

また、案件獲得には、市場の動向を把握し、顧客のニーズを理解することも重要です。常に最新の情報を収集し、顧客のニーズに合わせたサービスを提供することで、案件獲得の確率を高めることができます。

最新技術への対応・学習の継続

Web制作の業界は、常に新しい技術やトレンドが生まれており、常に最新の情報をキャッチアップしていく必要があります。新しいフレームワークやライブラリ、ツールなどを学習し、自分のスキルをアップデートしなければ、競争に遅れをとってしまう可能性があります。常に学習し続けることは、フリーランスにとって必須であり、時間的・精神的な負担が大きくなることも事実です。

例えば、近年では、ノーコードや非同期でのサイト制作などプログラミングも知らないと厳しくなりますた。また、人工知能(AI)やビッグデータの活用など、新しい技術が次々と登場しており、Web制作の分野でも、これらの技術を取り入れることが求められています。

最新技術への対応は、フリーランスにとって大きな課題であり、常に学習し続ける必要があります。そのため、学習のための時間確保や、学習費用などの経済的な負担も発生します。しかし、最新技術を習得することで、より高品質なサービスを提供できるようになり、顧客からの信頼を得ることができ収入アップにも繋がる可能性があります。

定期的な休みが取りにくい

フリーランスは、自分の仕事の時間管理を自分で行う必要があります。そのため、仕事に集中しすぎて、休みを取ることが難しくなるケースも少なくありません。特に、納期が迫っている場合や、顧客からの急な依頼があった場合などは、休む時間を取ることが難しいと感じることがあります。また、休んでいる間も、仕事に関する連絡や問い合わせに対応する必要があり、完全に休むことが難しい場合もあります。

フリーランスは、自分の時間管理を自分で行うため、仕事とプライベートの境界線が曖昧になりがちです。そのため、仕事に集中しすぎて、休息やリフレッシュする時間を十分に取れないことがあります。また、顧客とのやり取りや、仕事に関する情報収集など、仕事に関連する活動が、プライベートの時間まで侵食してしまうこともあります。

休みを取れない状況が続くと、ストレスが溜まり、体調を崩したり、モチベーションが低下したりする可能性があります。そのため、フリーランスは、計画的に休みを取り、心身のリフレッシュを図ることが重要です。

1人で仕事に取り組む孤独感

フリーランスは、一人で仕事をすることが多いため、孤独感を感じることがあります。特に、オフィスで働いていた経験がある人にとっては、周りの人とコミュニケーションを取れない状況に戸惑うかもしれません。また、仕事上の悩みや相談事を共有できる相手が限られているため、精神的なストレスを抱え込みやすいという側面もあります。

孤独感を解消するためには、他のフリーランスやクライアントとの交流を積極的に行うことが重要です。オンラインコミュニティやイベントに参加したり、コワーキングスペースを利用したりすることで、仕事仲間や交流の場を見つけることができます。また、家族や友人とのコミュニケーションを大切にし、仕事以外の時間を充実させることも、孤独感を軽減する効果があります。

さらに、メンタルヘルスの重要性を認識し、必要であれば専門家のサポートを受けることも大切です。フリーランスは、一人で抱え込みやすい傾向があるため、相談できる相手を見つけることが重要です。

Web制作フリーランスの収益と案件

Webデザイナーの平均年収

Webデザイナーの平均年収は、約423万円とされています。
しかし、これはあくまでも平均であり、経験やスキル、案件の単価によって大きく変動します。

例えば、高単価案件を獲得できるようなスキルや実績を持つフリーランスは、平均年収を大きく上回る収入を得ているケースもあります。一方で、低単価案件ばかり受注している場合や、経験が浅い場合は、平均年収を下回る収入になる可能性もあります。

Web制作フリーランスの年収は、案件の単価、案件数、仕事の効率性など、様々な要素によって決まります。高単価案件を獲得するためには、専門的なスキルや実績を積み重ねることが重要です。また、効率的に仕事を進めることで、より多くの案件をこなすことができ、収入アップに繋がる可能性があります。

Webデザイナーの案件の単価相場

Web制作案件の単価は、案件の内容や規模によって大きく異なります。
簡単なホームページ制作であれば、10万円程度から受注できる場合もあります。一方、大規模なWebサイトの制作や、複雑なシステム開発など、高度な技術や知識を必要とする案件では、200万円を超える高額な案件もあります。
高単価案件を獲得するためには、専門的なスキルや実績を積み重ねることが重要になります。

案件の単価は、クライアントの予算、案件の難易度、納期、必要なスキルなど、様々な要素によって決まります。高単価案件を獲得するためには、競合他社との差別化を図り、顧客に価値を提供できるようなサービスを提供することが重要です。また、実績を積み重ね、信頼を得ることで、高単価案件を獲得しやすくなります

Web制作フリーランスの3つのメリット

ここまでデメリットのような話が多かったですが、フリーランスのメリットもあります。

場所を選ばず仕事ができる

Web制作の仕事は、インターネット環境さえあれば、場所を選ばずに仕事をすることができます。自宅やカフェ、コワーキングスペース、旅行先など、自分の好きな場所で仕事をすることができます。これは、従来のオフィスワークでは得られなかった自由な働き方であり、多くのフリーランスにとって大きな魅力となっています。

場所を選ばずに仕事ができることは、時間や空間の自由度が高く、ワークライフバランスを充実させることができます。また、通勤時間の削減や、好きな場所で仕事をすることで、ストレスを軽減し、仕事へのモチベーションを高める効果も期待できます。

高収入の可能性がある

Web制作のスキルは、需要が高く、高単価案件を獲得できる可能性があります。特に、専門的なスキルや実績を持つフリーランスは、高収入を得られる可能性が高いです。例えば、SEO対策やWebデザイン、プログラミングなど、高度なスキルを習得することで、より高単価な案件を受注できるようになります。

高収入を得るためには、市場のニーズを捉え、顧客に価値を提供できるようなスキルを磨くことが重要です。また、実績を積み重ね、信頼を得ることで、高単価案件を獲得しやすくなります。さらに、営業活動や人脈作りなど、積極的に行動することで、高収入の可能性を高めることができます。

自分で決定権を持てる

フリーランスは、自分の仕事の進め方やスケジュールを自分で決めることができます。顧客との打ち合わせや納期なども、自分の都合に合わせて調整することができます。これは、会社員のように上司や同僚に縛られることなく、自分のペースで仕事を進めたい人にとって大きなメリットです。

自分で決定権を持つことは、自由度が高く、自分の能力や個性に合わせた働き方を実現することができます。また、自分の仕事に責任を持つことで、達成感や充実感を得ることができ、モチベーションを高める効果も期待できます。

フリーランスとして成功するための4つのポイント

前述したようなメリットを得るためには、いくつかのポイントを必ず抑えなければなりません。

顧客とのコミュニケーション

顧客との良好なコミュニケーションは、フリーランスにとって非常に重要です。顧客の要望を正確に理解し、それを実現するための提案を行うことで、顧客の満足度を高めることができます。また、定期的に連絡を取り、進捗状況を報告することで、顧客との信頼関係を築き、継続的な案件獲得に繋げることができます。

顧客とのコミュニケーションでは、相手の立場に立って考え、丁寧な言葉遣いを心がけることが重要です。また、顧客の要望を正確に理解するためには、積極的に質問し、確認することが大切です。さらに、顧客の期待を上回るサービスを提供することで、顧客満足度を高めリピートに繋げることができます。

常にトレンドの情報収集

Web制作の業界は、常に新しい技術やトレンドが生まれています。そのため、常に最新の情報収集を行い、自分のスキルをアップデートしていく必要があります。新しいフレームワークやライブラリ、ツールなどを学習することで、より効率的に仕事を進めたり、顧客に新しい価値を提供したりすることができます。

最新情報の収集には、専門誌やブログ、オンラインコミュニティ、セミナーなど、様々な方法があります。また、実際に新しい技術を試したり、他のフリーランスと情報交換したりすることで、より深い理解を得ることができます。常に学習し続けることで、競争力を維持し、顧客に最新のサービスを提供することができます。

業務効率をあげて時間を管理する

効率的な作業方法を身につけることは、フリーランスにとって非常に重要です。時間管理やタスク管理、ツール活用など、効率的に仕事を進めるための方法を学ぶことで、より多くの案件をこなすことができ、収入アップに繋げることができます。また、効率化することで、プライベートの時間も確保しやすくなります。

効率的な作業方法には、時間管理、タスク管理、ツール活用など、様々な方法があります。時間管理では、自分の仕事時間を把握し、無駄な時間を削減することが重要です。タスク管理では、やるべきことをリスト化し、優先順位をつけて、効率的に作業を進めることが重要です。ツール活用では、自分に合ったツールを導入することで、作業効率を向上させることができます。

人の繋がりのネットワークの構築

他のフリーランスやクライアントとのネットワークを構築することは、フリーランスにとって非常に有効です。情報交換や協力関係を築くことで、新しい案件を獲得したり、スキルアップの機会を得たりすることができます。また、仕事上の悩みや相談事を共有できる仲間がいることで、孤独感を軽減することもできます。

ネットワーク構築には、オンラインコミュニティやイベントに参加したり、コワーキングスペースを利用したり、積極的に交流することが重要です。また、積極的に情報発信することで、自分の存在を知ってもらい、ネットワークを広げることができます。

まとめ:フリーランスの価値は?

Web制作フリーランスは、低単価案件や案件獲得の難しさ、最新技術への対応など、多くの課題を抱えています。しかし、場所を選ばず仕事ができる、高収入の可能性がある、自分で決定権を持つなど、魅力的なメリットもたくさんあります。フリーランスとして成功するためには、顧客とのコミュニケーションを大切にし、常にスキルを磨き続け、効率的な作業方法を身につけることが重要です。そして、他のフリーランスやクライアントとのネットワークを構築することで、ビジネスチャンスを広げていきましょう。

Web制作フリーランスは、自由な働き方を実現できる一方で、多くの課題やリスクも存在します。しかし、これらの課題を克服し、成功するためには、努力と工夫が必要です。顧客との信頼関係を築き、常にスキルを磨くことで、フリーランスとして安定した収入を得ることが可能になります。

【あと5名】44期Webクリエイティブコース募集中!

 

クリエイターズファクトリーでは毎週、説明会・相談会を開催しております。
オンラインでも参加が可能となります。
受講生の9割が全くの未経験からWeb業界へ進んでいますので、不安を感じている方でも安心して受講いただけます。
詳しく聞きたい方は、説明会にご参加下さい。

ご質問にはなるべく早く回答します

誰でもお気軽にご相談ください。